新聞配達員の良いところ:住み込みで働けるMW

新聞配達の良いところは、住み込みが可能、という点です。

新聞奨学生などにも言えることですが、住み込みで働くことができる、というのは大きな利点になります。

住み込みといっても無料ではないです。

寮費を取るところが殆どではありますが、それでも自分で借りるよりは遥かに安く住めるようになります。

とにかく、住居がない人にとっては有難い仕事の一つであるといえます。

住み込みであるからやっている人もいるほどです。

住まいが確保できるのはやはり大きいです。

新聞配達員の良いところ:ルートだけ覚えれば配達は簡単LS77

配達の仕事は実はそんなに難しくはないです。

大変ではありますが、難しくはないのです。

ルートが予め決められており、そこに沿って配達をしていけばよいのです。

もちろん、これは変更されることがよくあります。

新聞を取るのをやめたところは止める必要がありますし、新しく契約してくれたところもあったりします。

その都度、ルートは微妙に変わることになります。

しかし、そこまで大きく変更されることは殆どなく、すぐに覚えなおすことができます。

新聞配達員の良いところ:周囲のペースに合わせる必要がないES93

いついつまでに配達をすること、という条件はありますが競う必要がないのもメリットの一つです。

配達は競争ではないのです。

ですから、人と競う必要がなく、自分のペースで行うことができるのです。

前述の通り、時間制限はあります。

何時までに配達をする、ということになります。

これは配達という仕事の性質上、仕方ないことではあります。

しかし、無理な時間配分を求められるルートが設定されることはないので配達に慣れれば心配無用です。

新聞配達員の良いところ:意外と給料が高い56

新聞配達は給料も決して悪いわけではないのです。

これはその配達所によって違いもありますし、地域によっても違うので一概に言えるわけではないのですが、20万円後半程度にはなります。

加えて、歩合の分もありますから、かなり稼いでいる人がいるのも確かです。

朝が早い、という大変な要素がありますが、それでも学歴や特別なスキルが求められるわけではないので意外とお勧め出来る仕事の一つになります。

住み込みであるのも大きいです。

新聞から得られること

子供のころはテレビ欄を見ることくらいしか用がなかった新聞だけど、社会人になってからは朝起きたら朝刊を読み、仕事から帰ると夕刊を読むのがもう20年以上も習慣になっている。最近は料理のレシピが載っていたり子育てのアドバイスが書かれていたり、難しい内容だけではなく主婦が読んでも楽しめる内容に工夫されているような気がする。世の中でおきたことをテレビのニュースや情報番組だけで知るのではなく、新聞を通じて読むことも大事なことではないかと思う。


日経電子版 無料


日経電子版 無料

日経電子版、無料になりました。簡単な申し込みだけで月額0円に!|日経電子版料金情報局
http://xn--n9j7b9b078wg0ktfql730czmji2ci59bqt7a2o7a.com/

↑ ページの上部へ