1. >
  2. 新聞記者になるには?:4年制大学か大学院の卒業が条件AU

新聞記者になるには?:4年制大学か大学院の卒業が条件AU

新聞記者の大半は大卒です。

4年制の大学を卒業して、就職活動をすることによって入社できるわけです。

高卒では無理なのか、というと不可能ではないです。

ですが、基本的には無理と思っていたほうが良いです。

正規の新聞記者になるにはどうしても大卒が条件の採用試験に合格する必要があるからです。

持ち込み記者などもいないわけではないですが、これは正規記者ではないです。

ですから、新聞記者を目指すのであれば基本は大学をまずは目指すことになります。

新聞記者になるには?:コミュニケーション能力が重要HY08

コミュニケーション能力がかなり求められるスキルでもあります。

数値化できるような物ではありませんから、なかなか大変な評価ではありますがそれでも十分に鍛えておく価値はあります。

要するに活動的であり、話し上手であり、聞き上手であればよいのです。

これは意外と鍛えることができるスキルでもあります。

天性がないわけではないですがインタビューなどのやり方には技術的なことがあるからです。

十分に学べる要素はあります。

新聞記者になるには?:採用試験は筆記試験と面接KQ22

試験ですが多少の記事作成の要素があるにしても、基本的には普通の採用試験と同じです。

筆記試験があり、面接があります。

前述の通り、やはりコミュニケーション能力が面接で見られることがあります。

よく学歴フィルターなどと言われることがありますが、これは実際にあります。

正確に言えばよい学歴の人を評価する、ということです。

筆記、面接の前段階の書類選考でそうしたことはあります。

それはどんな企業でもよくあることですし、評価対象としては当然です。

新聞記者になるには?:専門記者へのニーズは高いWF

特に強く求められているのが、専門記者です。

要するに何かに特化した知識があり、コネがあり、記事制作能力が高い人です。

こうした人を一から育てて行くのが最近のトレンドになっています。

但し、中途で採用されることもあります。

特に実力主義になりつつもあり、大手の新聞社でも中途で特定の分野の専門記者を採用する、ということが増えているのも確かです。

つまりは、大学卒業すぐに新聞社に入社しなくても一応は可能性があるのです。

↑ ページの上部へ