1. >
  2. 意外と知らない新聞の読み方:全部読もうと思わないFT30

意外と知らない新聞の読み方:全部読もうと思わないFT30

新聞というのは一字一句かみ締めて読む必要があるわけではないです。

大きな流れを理解できるのであればそれでよい、ということが多いです。

小説ではないのですから、文章の表現とか情緒的な言い回しなどがあるわけではなく、事実だけ確認できればそれでよいのです。

世の中でどんな事件が起きているのか、ということが把握できればそれでよいのです。

ですから、すべてを読むと意気込む必要性はないのです。

文章量で見れば相当な物ですから、拘らないことです。

意外と知らない新聞の読み方:結論は記事の冒頭部分に書かれているSW

文章の書き方の基本ですが最初に結論があります。

これが新聞にも言えることであり、要するに最初の数行によってわかることが殆どなのです。

ですから、それだけで良いと考えている人がいるほどなのです。

出来ればそれなりに熟読したほうがよいのも確かですが、時間的な余裕がないのであれば仕方ないことでもあります。

少なくとも何も情報を得ない状態よりは遥かにマシであるといえます。

全部読めとはいいませんが触りだけでも読みましょう。

意外と知らない新聞の読み方:気になった記事だけ熟読する27

気になる記事だけを熟読する方法もあります。

そんなの勿体無いではないか、と思うかもしれませんが新聞は一部の価格で見れば本当に大したことはないのです。

それこそ、ペットボトルのジュース以下なのですから社会人としての情報源の一つとしては十分に価格以上の役割を果たしてくれることでしょう。

気になっているニュースを数箇所熟読するだけでもしっかりと元は取れたといえます。

それ以上に広告もありますし、他のニュースもタイトルだけでもそれなりに把握できるのです。

意外と知らない新聞の読み方:毎日読んで慣れることも重要DS97

毎日毎日、新聞を読む習慣をつけることが大事になります。

これは社会人としての最低限のスキルといえるほどです。

今ではインターネットなどで情報を得ることができるようになっていますが、それでも新聞のほうが細かく書いてあることがありますし、情報としてかなり精査されているのです。

そういった意味では速報性は実はそんなに高くないのですが、内容ではかなり充実していることが多いのです。

十分に読む価値がある読み物でしょう。

↑ ページの上部へ